Client work

Art direction / Web / Print / Movie / IDEASKETCH 2.0

IDEASKETCH は 2018.10.20 をもって設立 11 年目に突入いたします。“IDEASKETCH 2.0 Art with AI & Robotics“ は 2018.10.20以降の IDEASKETCH のスローガンです。IDEASKETCH は過去10年間で獲得した Art・Design のナレッジとスキルと、AI・Robotics のテクノロジーを掛け合わせたビジネスを展開していきます。

この10年間はグラフィックデザインを軸にインタラクティブ・ムービー・プリンティング・エディトリアルなど多様な領域でクリエイティブをアウトプットをしていきました。振り返るとデザインを軸にプロジェクトの抽象度を高め、クライアントと共存関係にある「ビジネス」の成功を目指してきました。結果的に IDEASKETCH は実社会で機能する質の高いクリエイティブがアウトプット出来る力を身につけました。

同時に、2012 年から ニューヨーク・マイアミを中心としたアートフェアの参加や個展の開催を行い、ファインアートの領域にも参入をしてきました。2014 にはロボットアーティスト Mr.HEAD のプロジェクトをスタートし、2015 年には江戸時代の角字をリデザインした 真四角 のプロジェクトをスタート、2017 年には知育玩具 Dots のプロトタイプも開発しています。そしてこれらアートの領域を強化すべく、2018 年 8 月に埼玉県川越市に 560 平米を超えるスタジオ、 IDEASKETCH STUDIO をスタートいたしました。ここでは巨大な絵画制作・映像インスタレーション・撮影が可能で、レーザーカッター・3Dプリンター・光造形・溶接・切削などあらゆる工作設備を備えています。いままで出来なかったダイナミックな表現を可能にしていきます。

2018 年以降は目まぐるしくプロジェクトを立ち上げ、かつてのウォーターフォール型の組織体型から脱却し、アジャイル型の組織に移行をしています。これは開発シーンだけではなく、宣伝や広報、雇用やワークスタイル、メンバーが取得すべきナレッジやスキルなど、あらゆる領域で実践をします。IDEASKETCH は常に “Try & Error“ を繰り返しながらハイスピードにクリエイティブをアウトプットし、連続的に変化する社会を加速させていきます。

私たちの興味は人々が生み出すアートと、人類にとって未知の領域である AI と Robotics を掛け合わせることです。10 年後、世界はどうなっているのでしょうか? IDEASKETCH は、未来の感動や興奮、価値観を創出することに日々奮闘をしていきます。ぜひこれからの IDEASKETCH の活動を楽しみにしてください。

2018.10.06

Graphic Designer,
Contemporary Artist,
CEO of IDEASKETCH
山口真人

 

IDEASKETCH STUDIO

 

Contact